GO PEZ JAPAN!

世界中から集めたPEZ(ペッツ)のコレクションを紹介しています。

*

「ペッツ・アウトロー」とは?の記事を読んだ。

   

Walmart pez

PEZ(ペッツ)で調べ物をしていると、たまに検索に引っかかる「ペッツ・アウトロー日記」。

めちゃくちゃな日本語で翻訳されているので何が言いたいのかわかりませんでした。

海外のブロガーさんが数カ国語にも翻訳しているので、すごく伝えたい内容なのでしょう。

記事の内容を読んでみると、過去にPEZ(ペッツ)の金型を流用して色々なカラーバリエーションのPEZ(ペッツ)を作っていた人がいたそうです。

正規のルートで製作されたPEZ(ペッツ)ではなかったので、PEZ社におしかりを受けてその人のビジネスは頓挫したのだとか。

PEZ社がどういった方法をとったのかというと、非正規ルートで製作された海賊版のPEZ(ペッツ)と同じものを、正規のルートで流通させて希少価値を下げたのだとか。

それで誕生したのが「ミスフィットシリーズ」というわけです。

かつて、茶色い台紙で「Limited Edition」として発売されていましたね。

個人的な感想としては、ミスフィットシリーズの登場に違和感を感じていたので、裏にそういった背景があったのだと知れば納得できる点があります。

眉唾ものですが、下記の記事に詳細が日本語で書かれています。

Gigazine – お菓子の容器の密輸で4億7000万円を稼いだ「ペッツ・アウトロー」とは?

 - その他

  関連記事

PEZ(ペッツ)の購入記録用のバインダー
PEZ(ペッツ)の購入記録用のバインダー

栃木に住んでいた頃のものですが、PEZ(ペッツ)の購入記録として、ebayの決済 …